別館 HYPER NIKO

ハイでパーなネコ人形「ニコライ」の同居人「ウヌニコ」が比較的マジメにご紹介する音楽情報など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
skybluesky
  Wilco『Sky Blue Sky

  
  ■iTunes-♪
  ■Sky Blue Sky(allmusic)
  ■Sky Blue Sky(wikipedia)
  ■warnermusicjapan.biography(jp)
  ■wilco.news




今週何を勧めようって、これ以外に何があるだろう?5月15日発売の新譜の中では、今はビルボードでも日本でもリンキン・パーク(Linkin Park)である。しかし、おそらく年末批評家が選ぶ本年のベストアルバムはウィルコ(Wilco)の方だ。幸いまだ買っていない人もwilco.newsでフルトラックで聴けるので、是非試しに騙されたと思って聴いていただきたい。
allmusicのアルバム評(Sky Blue Sky(allmusic)) にもあるように、ウィルコはこれまで実験的なエレクトロニカ・ポップスに挑戦してきた。『Yankee Hotel Foxtrot』『Ghost is Born』と突き進んで、このウィルコの方向性が大いに支持された後、本作『Sky Blue Sky』では、『Ghost,,,』で完成を見たバンドの持ち味をフルに生かしながら、70年代への追想に向かった。確かに「ニール・ヤング (Neil Young) の『Harvest』に似た70年代のソフトロック」(allmusic)のムードを漂わせるノスタルジアが根底にある。しかし、耳心地のよいメロディの懐かしさを全く古くさくせず、前よりももっともっと都会的に洗練された印象にしている。かねてからウィルコの鍵盤楽器が気に入っていたウヌニコではあったが、今回のアルバムを特徴づけているのは、ズバリ、ギター。二本のギターの役割分担はテレヴィジョン (Television) に近い。痙攣するような歪んだギターも、クリアな音色の早弾きも、リードギター(Nels Cline)がともかく素晴らしい。『Ghost,,,』から加入したNels Clineは、特に今回のアルバムでは積極的にインタビューにも応じており、本作のキーパーソンであることが伺える。
70年代のノスタルジアを具体的に指摘するならば、5曲目:Side with the Seeds、6曲目:Shake It Off はジョン・レノン、10曲目:Walken はキンクス、11曲目:What Light はボブ・ディラン。米国音楽評で評価が高いのは、ピンク・フロイドっぽい3曲目: Impossible Germany、最後の12曲目: On and On and On。ウヌニコが最も好きなのも、On and On and On。淡々とした雨音を連想させるピアノ、身を絞るようなボーカル、途中から入るエモーショナルなギター、何をとってもに胸が締めつけられそうな一曲である。

 01. Either Way
 02. You Are My Face
 03. Impossible Germany
 04. Sky Blue Sky
 05. Side with the Seeds
 06. Shake It Off
 07. Please Be Patient with Me
 08. Hate It Here
 09. Leave Me (Like You Found Me)
 10. Walken
 11. What Light
 12. On and on and On

 ■Yankee Hotel Foxtrot

 ■Ghost is Born
                〈おすすめミュ~ジック♪2007年5月20日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
スポンサーサイト
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽
carrie underwood
 Carrie Underwood
 「I'll Stand By You」


  
  ■iTunes-♪
  ■I'll Stand By You(wikipedia)
  ■myspace
  ■carrieunderwoodofficial.com



キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)が、またしてもスゴイ!2nd.アルバムの準備に入っていると噂されるキャリーちゃんであるが、その先行シングルなのか、何なのか?先月25日にオンライン・ダウンロード限定シングルで、ビルボードにおいてTOP10にランクインした(US HOT100、只今#6)。なんと、オンライン配信のみでTOP10入りしたのは、このキャリーちゃんの「I'll Stand By You」が史上初とのことだ。登場2週間なので、まだまだ上昇する可能性大。
ところで、この「I'll Stand By You」は、プリテンダーズ(The Pretenders)の94年リリースのアルバム『Last Of The Independents』の曲である。これまでにもガールス・アラウド(Girls Aloud)なるUKのガールズ・アイドル・グループにカバーされたことがある。その時もUKシングルチャートで#1を記録した。

Last of the Independents The Pretenders

『Last of
 the Independents』



■AMAZONを覗いてみる

作者クリッシー・ハインドがスゴイのか?
キャリーちゃんのおかげで、近々クリッシーは大金を手にする?
と思いきや、キャリーちゃんによる収益は、アフリカの貧しい国々への基金となる。
                 〈気になるニュ~ス♪2007年5月13日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
テーマ:音楽チャート - ジャンル:音楽

human wheels

  John Mellencamp
  『Human Wheels


  
  ■iTunes-♪
  ■Human Wheels(allmusic)
  ■Human Wheels(wikipedia)
  ■universal.biography(jp)
  ■mellencamp.com




近所のスーパーの催事で、レンタルCDの中古販売があった。どんなものかと覗いて見たら、あるわ、あるわ・・・という程ではなかったが、「1枚300円、4枚で1000円」という派手なポップに躍らされて、丹念に探すこと30分強。結局、夫婦で13枚買った。今日ご紹介するのはその内の1枚である。
ジョン・メレンキャンプ(ジョン・クーガー)(John Mellencamp)。トムやん(Tom Petty)などを好んで聴く人ならば、彼に注目してこなかった方が間違っているかも知れないが、ウヌニコには、メレンキャンプといえば、カントリーラジオで去年から気に入っている「Our Country」という曲の人としてインプットされていた。お恥ずかしながら、ジョン・メレンキャンプとジョン・クーガーが同一人物だというロックの常識が欠けていたのである。ともかく、昨年リリースの『Freedom's Road』 (6.23)も、今回はずみで入手に至った93年リリースの『Human Wheels』の感触から言えば、買って正解のアルバムかも知れない。
ジョン・クーガー改めメレンキャンプなるアーチスト自体、あまり良く知らないウヌニコではあるが、彼がジョン・クーガーという名前で80年代に活躍したことは記憶にあった。この『Human Wheels』は、そんな彼の93年のアルバムであり、チャートでは最高位7位を記録、同年11月にはプラチナディスクになったという。90年代といえば、MTVアンプラグド。メレンキャンプは割と早いクール(92年)に同番組に出演した。アンプラグドの影響でフォークロックが優勢になった90年代に、彼のこのアルバムがプラチナディスクになったのは自然である。ジャケットは地味ながら、パーカッションやバックボーカルの味付けが巧く、ストレートでシンプルな楽曲を多彩にしている。フィドルやアコーディオンの入ったカントリーライクの曲もあり、250円では申し訳ない気がする。

 01. When Jesus Left Birmingham
 02. Junior
 03. Human Wheels" (Mellencamp/Green)
 04. Beige to Beige
 05. Case 795 (The Family)
 06. Suzanne and the Jewels
 07. Sweet Evening Breeze
 08. What If I Came Knocking
 09. French Shoes
 10. To the River (Ian/Venzer/Mellencamp)
 11. When Jesus Left Birmingham (2005 re-issue bonus track)

昨年リリースのアルバムはこちら。 ■Freedom's Road (6.23.2007)
 ■iTunes-♪
カントリーラジオでお馴染みなのは、この曲→■Our Country (YouTube)

                〈気になるミュ~ジック♪2007年5月6日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽
The SearchSon Volt
『The Search』



  ■AMAZONで商品を見る
  ■iTunes-♪
  ■The Search(allmusic)
  ■Official Site
  ■myspace


ウィルコ(Wilco)は大好きなのだけれど、なかなかサン・ヴォルト(Son Volt)には手が伸びなかった。両バンドの前身であるアンクル・トゥペロ(Uncle Tupelo)を聴いた時の印象が、そのままサン・ヴォルトにあるような気がしたからだろうか。ウィルコはミネラルウォーター、サン・ヴォルトは何度も濾過しなければ飲めたもんじゃない泥水の味がする。声の好みは大きいかも知れない。ジェイ・ファーラー(Jay Farrer)の歌詞の譜割とその歌い方が気にくわないのか、アクが強過ぎる。
そんなわけで、サン・ヴォルトはノーマークだったが、ひょんなことから3月リリースのアルバムを何曲か聴くことになった。冷静に聴くと5曲目「Circadian Rythm」など、まさにニールヤンギッシュ(Neil Young風)。ニールヤンギッシュは、ジェイ・ファーラーの方だった。しかし、myspaceや公式サイトでフルトラックでまず最初に流れる「The Picture」の華やかなホーンが余りに意外。「何か変わろう、変わってやろう」という野心作か?メンバーチェンジがあったらしく、キーボードが入り、ギタリストが変わった。カントリーで目下「Lips of An Angel(=youtube)をヒットさせているジャック・イングラム(Jack Ingram)のバックバンドのギタリストがサン・ヴォルトに加入したとのこと。ニイル先生っぽい重いギター、唸りのボーカルという、叩けばいくらでも埃が出そうなラフでタフで汗臭い感じの・・・というウヌニコの先入観もそのまま残ってはいるが、キーボードのせいか、ややポップになったか?このアルバムは良いかもしれない。

  01. Slow Hearse
  02. The Picture
  03. Action
  04. Underground Dream
  05. Circadian Rhythm
  06. Beacon Soul
  07. The Search
  08. Adrenaline and Heresy
  09. Satellite
  10. Automatic Society
  11. Methamphetamine
  12. L Train
  13. Highways and Cigarettes
  14. Phosphate Skin
               〈気になるミュ~ジック♪2007年4月15日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
starsinmycrown
  Jorma Kaukonen
  『Stars In My Crown』



  
  ■iTunes-♪
  ■Stars In My Crown(allmusic)
  ■Official Site





今日は、ヨーマ・コーコネン(カウコネン)(Jorma Kaukonen)の3月13日にリリースした新譜のご紹介である。前にも一度ご紹介したが、コーコネンは、ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)ではサイケデリックロックを、ホット・ツナ(Hot Tuna)ではブルースロック・カントリーロックを奏でる、ギターの師匠、フィンガー・ピッキングの神である。本作は、コーコネンにとっては5年ぶりのアルバム。前作は、グラミー賞にルーツ音楽部門でノミネートされたブルースアルバムだったが、今回は、ゴスペル、レゲエ、ブルース、フォーク、ブルーグラス、もっと自由にクロスオーバーな楽曲で構成される。そして、ソロ・アルバムでは毎度お馴染みのように、自作・カヴァーを取り混ぜたアルバムだ。米国の音楽専門誌の評価は5つ星、Amazon(US)のレビューも軒並み5つ星、コーコネン信者は健在である。ホット・ツナのメンバーと今もツアーを続けている現67歳のコーコネンの技は、まったくブレておらず、今回も素晴らしく繊細なアコースティックギターを聴かせてくれる。前にも書いたが、ウヌニコとしては、コーコネンは歌はない方が良いと個人的には思っているのだが、器用にピッキングしながら鼻歌のように歌うコーコネンが、あまりに愉しそうで、今回のアルバムで、彼から歌を取ってしまうのは可哀想な気がする。

 関連記事→■Jorma Kaukonen『Quah』
 詳しくはコチラ→■allmusic- Stars In My Crown

  01. Heart Temporary* (*=Kaukonen。以下同。)
  02. Fur Peace Rag*
  03. By The Rivers Of Babylon
          (Brenton Dowe/Trevor McNaughton)
  04. Living In The Moment*
  05. Late Breaking News*
  06. Come Back Baby (Lightnin' Hopkins)
  07. Mighty Hard Pleasure (Joe Croker)
  08. No Demon (Byron House)
  09. There's A Table Sitting In Heaven (Rev. Gary Davis)
  10. When The Man Comes Around (Johnny Cash)
  11. A Life Well Lived*
  12. Will There Be Any Stars In My Crown?
          (Eliza E.Hewitt/John R.Sweeney)
  13. Preacher Picked The Guitar (Roy Book Binder)
  14. Will There By Any Stars In My Crown? (Rev. Gary Davis)
                 〈気になるニュ~ス♪2007年4月1日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽
live71
  Neil Young
 『Live At Messey Hall 1971



  
  ■iTunes-♪
  ■Wikipedia(Live at Massey Hall)
  ■Official Site





Live At Messey Hall 1971』は、ニイル先生(Neil Young)の未発表ライブ音源シリーズ第二弾で、今月13日にリリースされたライブ・アルバムである。1971年の『Journey Trough The Past』ツアー時の音源であり、『After The Gold Rush』('70)『Harvest』('72)『On The Beach』('74)あたりの曲で構成され、これまでのアルバムに未収録の曲も含まれるのがファンには嬉しい。
ニイル先生のディスコグラフィーはこちら→■Neil Young/ Discography

全編シンプルにアコースティックの独奏。CSNYの『4 Way Street』のみに収められる1曲目「On The Way Home」は、ニイル先生名義のアルバムでは初であろう。アコースティックギターとピアノを組み合わせた飽きのこない構成、そして何よりも、音が綺麗なのに驚かされる。ニイル先生には申し訳ないが、最近先生が気に入ってらっしゃるご自宅の小屋での録音よりも遥かに音響が良く、ニイル先生の繊細な演奏に臨場感がある。アコースティック・ニイル信奉者のウヌニコにとっては、更に課題曲を提供してくれる聴き甲斐のあるアルバムでもある。さっそく味のあるアコースティック・バージョンの「Ohio」からとりかかってみようと思う。

  01. On the Way Home 3:42
  02. Tell Me Why 2:29
  03. Old Man 4:57
  04. Journey Through the Past 4:15
  05. Helpless 4:16
  06. Love In Mind 2:47
  07. A Man Needs a Maid / Heart of Gold Suite 6:39
  08. Cowgirl in the Sand 3:45
  09. Don't Let It Bring You Down 2:46
  10. There's a World 3:33
  11. Bad Fog of Loneliness 3:27
  12. The Needle and the Damage Done 3:55
  13. Ohio 3:40
  14. See the Sky About to Rain 4:05
  15. Down by the River 4:08
  16. Dance Dance Dance 5:48
  17. I Am a Child 3:19

明石家さんまが自分のVTRを何度もリプレイして大ウケしているように、ニイル先生も暇な時間を見つけては昔の自分のテープを引っぱり出して、「えぇ曲やな~、これ誰?天才やねぇ~」とか言いつつ、楽しげに選曲していそうな、そういうライブ音源シリーズ。まだまだ続くようなので、楽しみである。
(尚、このライブ音源シリーズは、Neil Young Archives Multi Box Set というCD8枚組のBox Set のためのCDを先行して単品で販売した物らしい。Boxで欲しい方は、Box第一弾の発売予定日、2007年秋まで待つのがよい。ニイル先生の構想では、Box Set は、全四弾:計32枚の4Box、だそうだ。)
                 〈気になるニュ~ス♪2007年3月18日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
dixiemovie  ■myspace
  ■Official Site




 アメリカでは、
 映画『シャット・アップ・アンド・シング』
 公開中のディクシー・チックス(Dixie Chicks)。
 この映画は、ブッシュ発言によるバッシングの経緯を
 フィルムで綴ったドキュメンタリー映画であり、
 ファン必見!映画予告編はこちらで。

 →■Dixie Chicks Shut up and Sing Trailer



第49回グラミーで賞を総なめし、バッシングを完全に跳ね除けたディクシーの、次なる作品が期待される今日この頃である。そして、先月(2月27日)、待望の次作から先行シングルがリリースされた。「The Neighbor」意味深なタイトルである。
PVは発見出来なかったが、音源はこちらで。→■The Neighbor

歌詞が気になる方は、続きをどうぞ。
                 〈気になるニュ~ス♪2007年3月11日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
続きを読む
canadian amp
  Neko Case『Canadian Amp


  
  ■wikipedia
  ■myspace
  ■Official Site






ずっと探しているが、なかなか手に入らないアルバム、ニーコ・ケイス(Neko Case)『Canadian Amp』(2001年)。ニーコが自宅に仲間を集めてプライベートに録音した、文字通りホームメイドな温もりのあるアルバムである。カナダ系アーチストの曲に、ハンク・ウィリアムス(Hank Williams)、トラディショナルナンバー、同世代のアーチスト、セィディーズ(The Sadies)との共作を含めた全8曲という構成。
フェイス・ヒル(Faith Hill)にはなりたくない。大きなアリーナで歌うのではなく、こぢんまりしたライブハウスで、聴衆を感じながら演奏する、そんなアーチストでいたい」。カントリースターになることを拒絶したニーコ・ケイスは女流オルカンの代表のように言われている。自然体で体温を感じさせる作品を発表し続けてきた。これまで紹介してきた音楽の傾向から、ウヌニコが今までニーコに触れなかった方がむしろ不思議である。ニーコは、ウヌニコと同い年、しかも好きな音楽も似ている。共感しないはずがない。ニイル先生(Neil Young)からの選曲が『Harvest Moon』('92)というあたり、「そうそうそう」と膝を叩いてしまう。ウヌニコならば「You & Me」をカバーしたいところだが、ニーコは「Dreaming Man」。ニイル先生にはキイのきつそうだったこの曲をニーコが歌うのを聴いてみたい。
ニーコのHPのMusicのところで2曲フルトラック試聴できる。

  1.Andy:Mike O'Neill
  2.Dreaming Man:Neil Young
  3.Knock Loud:Sook-Yin Lee
  4.Make Your Bed:Case/The Sadies
  5.Poor Ellen Smith:traditional
  6.In California:Lisa Marr
  7.Alone and Forsaken:Hank Williams
  8.Favorite:Case
                 〈いちおしReview♪2007年3月4日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
reasonwhy
  Nickel Creek
 『 Reasons Why: The Very Best


  iTunes
  ■wikipedia
  ■myspace
  ■Official Site





昨年11月リリース、ニッケル・クリーク(Nickel Creek) にとっては、初めてのベストアルバム。iTunesではフォークにカテゴライズされている。マンドリン、フィドル、ギターのコンビネーションが良く、あまり上手くない歌が、素朴なアコースティックサウンドに合っている。心落ち着ける癒しの室内楽として、おすすめ。当然ニッケルの良いとこ取り編集なため、優れたアコースティックアルバムではあるが、3枚目が非常に完成度の高いアルバムだったため、これまでのアルバムを良く聴いていたウヌニコにとっては、曲順が組み変わって気持ち悪い感じがする。しかしそれは仕方ない。ベストアルバムとは大抵そういうものだ。

  01. The Lighthouse's Tale (Adam McKenzie & Chris Thile)
  02. Out Of The Woods (Sin?ad Lohan)
  03. When in Rome (Chris Thile)
  04. Helena (Chris Thile)
  05. Smoothie Song (Chris Thile)
  06. Somebody More Like You (Sean Watkins)
  07. Reasons Why (Sean Watkins & David Puckett)
  08. Can't Complain (Chris Thile)
  09. I Should've Known Better (Carrie Newcomer)
  10. This Side (Sean Watkins)
  11. Jealous Of The Moon (Chris Thile & Gary Louris)
  12. When You Come Back Down (Tim O’Brien & Danny O’Keefe)
  13. You Don't Have To Move That Mountain (Live) (Keith Whitley)
  14. The Fox (Live) (Traditional ― arr. by Nickel Creek)

Creek thisside whyshould
Nickel Creek(2000) / This Side(2002) / Why Should The Fire Die(2005)

出回っていない2枚のアルバムを除いては、3枚のアルバムを出している彼ら。たったの3枚でベスト盤というのはどうかと思うが、今までニッケルを聴いたことのない人、それほどファンでも無いけれどニッケルも1枚手元に置きたいな、という人にとっては、お得感がある。
                 〈いちおしReview♪2007年2月25日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
friendopportunity
  Deerhoof『Friend Oppertunity


  iTunes
  ■wikipedia
  ■myspace
  ■Official Site





最近、Fruity1.0 を放っておくと、iTunesはコレを勧めてくる。前回ご紹介したシンズ (The Shins) あたりから始めると、三枚目くらいでコレが流れてくる。他アーチストの曲に混じると、英語の発音が著しく変なので耳につくのである。この発音は非ネイティブ英語にしても、日本人臭い、と踏んでいたら、その通りだった。ディアホーフ (Deerhoof)、94年から活動するグループとのことだが、ボーカリストはマツザキサトミ、日本人女性である。来日もしているのでご存じの方もあるだろう。
 こんな記事もどうぞ→■blues nteractions,inc.

どの辺が有名アーチストを強烈に惹きつけるのか。ソニックユース(Sonic Youth)に気に入られたのが発端で、レディオヘッド(Rediohead)、フレーミングリップス(The Flaming Lips)の前座でツアーに同行するモテモテぶりなのだそうだ。音楽は実験的な要素はあるが少年ナイフ(Shonen Knife)に通ずるものがある。日本人女性が歌うとなぜこうなるのだろう。ノジヲ曰く、このアルバムは「ノッティングヒルにあるレコード屋ラフトレード(Rough Trade)が出していた80年前後のバンドという感じ」だそうだ。ものすごくローテクな機能しかないシンセサイザーで打ち込んだようなギターポップ。フニャフニャボーカル、思いっきり日本人発音英語・・・この異質な感じが彼らにはたまらなく羨ましい魅力なのだろう。

  1. Perfect Me
  2. +81
  3. Believe E.S.P.
  4. Galaxist
  5. Choco Fight
  6. Whither the Invisible Birds?
  7. Cast off Crown
  8. Kidz Are So Small
  9. Matchbook Seeks Maniac
  10. Look Away
  11. Makko Shobu (日本語歌詞が不思議な感じ)

iTunesにしきりに勧められたので、勧めてみました。。。(^_^;)
面白いので、ぜひ聴いてはいかがでしょう?
                 〈いちおしReview♪2007年2月18日UP〉

               ニコライ日記はこちら → HYPER NIKO♪
テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。